【ブラウンダスト】評価・レビュー 無課金でも楽しめる良ゲーム

今回は、このブログのメインゲームである「ブラウンダスト」について、その魅力をまとめてみました!

というのも、知人が最近ブラウンダスト始めたらしいのですが、「面白さがわかんね~」と言っていたのが悔しくて、こんなにおすすめできるゲームなんだぞ!!というアピールをしたくなったからw

特に、新しくゲームを始める場合、無課金でも楽しめるかどうか、というのがポイントですよね。

ゲームにはまってしまえば、課金をするのも良いですが、最初から課金前提でゲームをするのも厳しいですし、
無課金で楽しめるかどうかが重要!

そういう意味では、ブランダストは無課金でも十分楽しめる良ゲームということで、おすすめポイントを解説していきます。

おすすめポイント

ブラウンダストのおすすめポイントを5つ解説します!

魅力あるキャラクター

ゲームを語る上で書かせないのは、キャラクターの魅力でしょう。

自分好みのキャラクターがいないと、愛着もわかずゲームが長続きしません。

その点、ブラウンダストは、キャラクターが非常に魅力的。

単純にイラストが綺麗というだけではなく、ソーシャルゲームにありがちな、おっぱいボインボインキャラばかりになっていないのもポイント。
(おっぱいボインもいっぱいいるけど)

イケメンだったり、おっさんだったり、骸骨(!)だったりバリエーションが豊富。

↑かわいこちゃん。

↑イケメン

↑謎の仮面野郎w。こいつこう見えて、特定のコンテンツで大活躍する必須級のキャラです。

それぞれのキャラにそれなりに活躍の場面があるので、好きなキャラが見つけやすいです。

また、ブラウンダストには、「助力者」というシステムがあり、各キャラ固有のサポートキャラのようなものがいます。

この助力者を育成すると、キャラの見た目を助力者にチェンジできます。

元のデザインは男だけど、助力者は女とか。その逆とか。

自分で好きな方を選ぶことができます。
(助力者の育成は凄く大変だけどね…)

戦略的なゲーム性

肝心のゲーム内容ですが、戦略性のあるカードゲーム的な内容です。
下記のように、自分と相手がユニットの配置と攻撃順を設定するところからバトルスタート。

バトルが始まるとオートでバトルが進みます。
各ユニットの行動内容は確定しており、自分と相手のユニットが交互に決められた行動をしていきます。

相手のユニットを全滅させた方が勝ち、というシンプルな内容です。

ユニットの配置場所や行動順が勝敗を分け、アクション的なスキルは必要ありません。

ユニットごとに特徴があるため、相手がどのユニットをどのような順番で配置しているかをよく確認し、
それに勝てるような編成を考えるところに面白さがあります。

単純に攻撃力が高いキャラを適当に並べるごり押しでは全く攻略することはできず、相手の特徴を上手く消していくような
配置を考える必要があるため、一見弱そうなキャラでも活躍の出番があるのが面白いところ。

頭を使う戦略的なゲームが好きな人にとっては、とても面白いシステムです。

イベントが緩い

ブラウンダストはイベントがかなり緩いです。

最近のソーシャルゲームは、イベントを攻略するためには、かなりの周回を必要とするゲームが多く時間泥棒。

ブラウンダストのイベントは、そんなことはあまり無く、他のゲームで言うところのデイリーミッションくらいの感覚で
取組めるものが多いです。

かといって報酬がしょぼいわけではなく、しっかりと良いアイテムが手に入ることも多いです。

ゲームはやりたいけど、イベントだらけは疲れるなーという人にはかなりおすすめできるポイントです。

無課金でもガチャがたくさん引ける

ブラウンダストはとにかく配布される報酬が豪華です。

ログインボーナスが充実しているだけではなく、デイリーミッションをこなしていくことでもらえる初心者用の報酬が超豪華。

ゲーム内の最強レアリティである伝説傭兵も30日間分のデイリーミッションをこなすと入手することができます。

また、ガチャに必要なアイテムであるダイヤがかなり大量に入手できるため、10連ガチャが無課金でも頻繁に引くことができます。

僕も今でも週に1・2回は10連ガチャを引くことができています。

また、ガチャだけではなく、キャラの強化に必須のスキル書(凸をするためのアイテム)も豊富に手に入るので、今から始めたとしても時間をかければしっかり育成が可能です。

自動周回機能

個人的に1番おすすめしている機能。

ソーシャルゲームと周回は切っても切り離せない関係にあります。

鬼周回を課すゲームも多く、イベントの度にたまる疲労感はあなどれません。

ところがブラウンダストは、この周回が自動でできるのです。

周回の回数や周回を終える条件を設定することがで、周回が終わったらアプリを自動的に落とすことも可能。

(自動周回があってもアプリが切れなくて電池使いまくりのゲームもありますよね。)

↑こんな感じで周回数とか、周回を止める条件等が設定できます。

また、自動周回中は、画面上ではゲームがガチャガチャ動いているわけではなく、静止画に設定できるため、

電池の消耗を抑えたり、周りの目を気にせず周回できたりします。

さらに、さらに、コンテンツによっては、バックグラウンドで自動周回ができます。

自動周回をさせながら、自分は別のコンテンツを手動で遊ぶ、なんてこともできます。

育成が進んでいくと「ルーン」という、能力をアップさせるアイテムを鍛えることが必要となりますが、

良いルーンを手に入れるためには、鬼周回が必要・・・

しかし、このルーンを手に入れるコンテンツはバックグラウンド自動周回ができるのです!すばらしい。

残念なところ

どんなゲームにも残念なところがありますが、ブラウンダストも同様。公平な評価のために残念ポイントも挙げておきます。

イベントが緩い

おすすめポイントにも上げましたが、イベントは非常に緩くあっさりしています。

特に意識せずとも報酬が手に入ることが多いのはメリットですが、そこに物足りなさを感じる人もいるかも・・・

よくあるソーシャルゲームでは、イベント限定のキャラクターやアイテムが手に入ったり、他のゲームやアニメとのコラボが

あったりと、盛り上がるイベントがたくさんありますが、ブラウンダストはそのようなイベントはほぼ皆無です。

なので、気合を入れてイベントに取り組みたい人には不向きかな・・・

PvPで上位にいくためには重課金

無課金でもたくさん報酬が手に入る仕掛けがあるので、それなりに強くなることはできますが、さすがに上位ともなると重課金が必要。

特に最近は、キャラのインフレが進み、昔と比べるとかなりがっつりと育成したキャラでないとPvPでは活躍できません。

よくあるゲームのように、同じキャラクターを複数重ねる「凸」が極めて重要です。

このゲームでは凸を重ねることで、キャラクターのスキルレベルが1あがりますが、現在の環境では、スキルレベルは9がスタートラインと言っても過言ではない。

凸のためには、同じキャラをたくさん重ねる必要があるので、結構きついです。

(最近は、高レアキャラの凸に汎用的に使えるアイテムの入手が無課金でも容易なので、同じキャラが10体必要なわけではありません)

現在はPvPがメイン

タイトルのとおりですが、現在のブラウンダストのメインコンテンツは、PvPです。

これは好き嫌いの問題ですが、ストーリーモードのような個人で取り組むコンテンツ重視の人にとっては残念ポイントです。

と言っても、個人で取り組めるコンテンツも、最近は新しいステージが更新されることは減りましたが、これまでにたくさん更新されているので、

新しく始める人にとっては、ボリューム感が十分にありますし、これらのコンテンツを攻略していくことで、かなり大量の報酬が手に入り、

ガチャも大量に引くことができるので、そこまで物足りなさは感じないと思います。

↓↓気になった人はダウンロードはこちらから

最新情報をチェックしよう!