【ブラウンダスト】ストーリー攻略 シーズンⅡ 14-1~10

今回のプレイ日記は、ストーリー攻略。シーズンⅡの14章です。
現時点(2019/10/21)では、シーズンⅡは15章まで公開されているので、攻略ももう一息です。

クリア自体は既に、いや、とっくに終えているので、さっさと攻略記事書きたいです!

13章に引き続きアランの戦士がたくさん出てくるステージ。

出てくる敵はボスキャラを除くと、古代アラン守護戦士という敵キャラだけが出てくるシンプルステージ。

難易度としては特に高くありません。

ステージ概要

唯一出現する(ボスキャラ以外で)の古代アラン守護戦士のスキル構成は、

・攻撃力依存追加ダメージ
・無効化
・ステ減少免疫(永続)

素の攻撃力が非常に高く1万を超えてくるので、攻撃力依存ダメージがかなり強力。攻撃範囲も最前3マスと広く厄介。

さらに無効化でこちらのバフを解除してくるため、放っておくと大ダメージは避けられないので、できるだけ広範囲の攻撃ができるアタッカーで素早く倒していくことが求められます。

 

救いは免疫系のスキルが「ステ減少」であること。誘惑など攻撃妨害系は入るのでそれを有効に活用したい。

おすすめキャラ

敵のアタッカーを封じるためには、誘惑の活用がポイントなので、
ミア・オクタビア
あたりがおすすめ。

 

それ以外では、いつもどおり、広範囲攻撃キャラである、アナスタシア・ライアン・リデルあたりがおすすめ。

特にライアンは後方から敵を崩せるので使い勝手が良い。

また、14-10で登場するボスがこちらのバフ解除スキルを持っているので、バフ解除できない支援型であるミカエラ・ベナカあたりもおすすめ。

ステージ攻略の例

それでは、具体的なステージを例に攻略方法を記載していきます。 14-5、14-9、14-10を攻略。

14-5

ボスキャラのカストルが超高耐久キャラ。

素のステは、HP15万超え・防御50%のうえ、スキル構成は
・挑発(被ダメ50%減少)
・ステ減少免疫
・防御力×攻撃力依存固定ダメージ
となっていて、固さと攻撃力を兼ね備えた強敵です。

 

 

かなり固いのでターン数制限が攻略のネックになるので、腐敗など相手のHP依存ダメージを活用したい。

 

上の配置では、
・グレイスでボスキャラの挑発を封じる
・リデルで敵6・2・7番を撃破
・ライアンで敵4・3・5番を撃破
・デオマロンでボスキャラに腐敗

デオマロンの腐敗を活用するために、ルーンはクリ率やクリダメ増加がおススメ。

14-9

ボスキャラがいないステージとうことで、14-9を紹介。

敵の守護戦士は攻撃力が高いものの、誘惑が入るので活用していきます!

 

ミアで敵2番を誘惑すると敵2番が、7・12・1を撃破してくれます。

中段の残りはアナスタシア、下段の前2人はウィグルで倒します。

上段の敵はキュウビで誘惑をばらまいておけば、ラウンド2で自滅してくれます。

上の配置だと、キュウビの妖狐変化が解けたタイミングで攻撃されて撃墜されますが、誘惑をばらまいているので問題ありません。

14-10

ボスキャラの虚無の魔法陣は、スルー十字3×3マスの魔法攻撃キャラ。

スキル構成は、
・支援型を除いた敵に攻撃力×500%追加ダメ
・強化封印カウンター(永続、ステ増加スキルを解除&封印)
・デバフ免疫(永続)

攻撃を受けると大ダメージは免れない上、永続で発動するカウンターのせいで思うように攻撃を入れることができない。

幸い敵は魔法型なので、攻撃1回分をセシリアで受けて、その隙にキュウビとアナスタシアで倒す作戦。

ボス以外の雑魚は、
・手前の3体はオクタビアの誘惑で自滅
・後ろの3体はライアンで撃破
で対処する。

 

 

最新情報をチェックしよう!