【ブラウンダスト】通常アリーナがサファイアに突入。配置を紹介。

しばらく苦しんでいたクリスタル帯ですが、ようやく突破することができました。

クリスタル帯に突入したのが、10月頭なので、1ヶ月ちょっとかかりました。

これが、クリスタル帯に突入したときのプレイ日記です。

関連記事

いやー長かった!! やっと、アリーナでダイヤ帯を脱出してクリスタルに突入することができました!! パチパチパチ 以前、壁が超えられない~という記事を書いたのが、9月中旬。 関連記事 【ブラウンダ[…]

このときから比べると6魔の助力者が解放されたこともあり、環境は激変しています。

環境激変にうまく乗ることができた結果、一気にサファイアⅡまでかけあがることができました!!

メインの配置

 

これまでの配置と比べて変更したキャラは、

ベルフェロン⇒ナルタス
アナスタシア⇒レヴィア
ベナカ⇒ステラ

です。

ドラフトクエストで、ナルタス+9を取得。
その後のガチャぶん回しのおかげで、ナルタスが+13まで育ったのでもちろん起用。

ぶん回しの途中でレヴィアが出てくれたので、ベルフェロンとレピテアからスキルを継承し、一気に+8まであげてスタメン起用。

マモニルはアタッカー枠として入れているので、ルーンは「猛攻×怒涛」にしています。

 

配置のポイント

配置で悩んだのは、壁キャラをどこに置くかと言うこと。

相手にもナルタスが増えてきたので、ナルタス封じのためにセシリアを最前線に置いています。

また、上段にアタッカーを配置してくる相手の対策として、上段にルシウスを。

ルシウスとセシリアに攻撃が集中しないように、下段にカオリを配置して挑発で攻撃を集めます。

当然、相手も同じようにセシリアを最前列においてナルタス対策をしているので、そのセシリアを排除するために、キュウビを配置しました。

レヴィアは、相手のカオリやグランヒルトといったHPが高い壁対策として入れていますが、Round1でやられてしまうことも残念ながら多いですね。

感想

6魔助力者実装により、これまで流行っていた「2列配置&最前列ルシウスの後ろにセシリア」が激減しました。

この配置をしていると、ナルタスに壊滅されてしまうからですね。

この配置が良かったところは、強力なスルー攻撃をもっているベルフェロン、アナスタシア等の攻撃をセシリアで受けられることにありました。
この配置が流行ったことで、ベルフェロンやアナスタシアがなかなか活躍できなくなっていました。

現在は、ナルタス対策でセシリアが最前列に配置されることが多くなったことにより、ベルフェロンやアナスタシアといったスルー範囲攻撃キャラの復権が期待されますね。

このように環境が変化したときに、一度活躍の機会を失ったキャラが復活してくるのが、ブラウンダストの良いところだなーと感じます。

最新情報をチェックしよう!